前へ
次へ

乳児医療の事を知りたい方へお教えします

子供が小さいうちはケガや病気で病院にかかることが多くあります。
そこで、知っておくと便利な制度があります。
乳児医療制度といって、子育てのために自治体が医療費を軽減してくれるので、小さいお子さんをお持ちの家庭ではとても役立ちます。
乳児医療受給者証があることで、無料で治療を受けることが出来たり一部負担だけですむので経済的です。
この手続きは、妊娠中に行っておくこと、それから自治体の子育て支援課や福祉課などで申請をする事が出来ます。
それから、乳児医療のことで知っておきたいのは、対象となる年齢は、0歳児から6歳児までのお子さんが対象になっている自治体がほとんどです。
それから扶養している人数や所得年収によって若干の違いがあります。
また、ほとんどの場合、1年間が有効期限になっていて、更新時には新しい受給者証が送られてきます。
また、県外で受診をされた場合でも一旦、病院やクリニックで支払いをしますが、還元してくれることを知っておくと便利です。

Page Top