前へ
次へ

意外と知らなかった医療行為とは

病気や怪我などで治療をする場合は医療行為として認められて健康保険が適応されます。
医療行為の中でも美容目的などで治療を行う場合は健康保険は適応されません。
しかし、中には例外があります。
例えばほくろやいぼなどを除去するのは美容外科で行わなければならないと思っている人もいるかもしれません。
しかし、ほくろやいぼの状態によっては健康保険が適応されて保険内で治療を行うことが出来るのです。
皮膚科や形成外科で治療を受けることができますし、治療費も数千円で済むことが多いのでコンプレックスに感じている人は一度相談してみてはいかがでしょうか。
また、二重形成の手術に関しても逆さまつげだと認定されれば保険対象内として治療が認められることもあります。
クリニックによって診断基準が異なりますので、逆さまつげで治療を受けようと考えているのならば複数のクリニックのカウンセリングを受けてみることをおすすめします。
逆さまつげの治療は二重形成の治療と同様に行われる場合が多いので、格安で二重になることができます。

Page Top